MacBook Air 2015 13インチモデルを改造して使っています。 | photosmilejp

2021/03/31 12:26

今までRyzen5のThinkPadを使用していましたが、MacOSの使いやすさに驚き、思い切って機種を入れ替えてしまいました。
まぁ入手したのは中古のMacBook Air early 2015というモデルですが、最新のOSであるBig Surを入れることができ、内部SSDの交換も簡単ということでチョイスしたものです。

私は動画編集をしませんし、ディスプレイの色温度が正確ならばいいので、ThinkPadよりは画像編集しやすくて、iPhoneとのデータやり取りにも困りませんので、Air自体は程度の良いものが2万円前半で入手できて良い買い物でした。専用のアダプター(千円前後)が必要ですが、SSDは500GBのものに入れ替えて使っていますので、ここで約1万円程度かかりましたが、ほぼ無音で使えるノート環境というのは精神的に非常にいいです。音もなかなか良いですね。

ThinkPadのキーボードの使い勝手も悪くなかったけれど、この13インチAirのキーボードの打ちやすさは格別です。特にかなと英数キーがスペースキーの左右に並んでいてIMEの切り替えが煩わしくありません。

また、フルサイズのSDカードが差し込めるのもメリットです。最近のノートPCはマイクロSDカードしか対応してなかったりするものがありますので、アダプターを使わなければならずデメリットです。ThinkPadもそうでした。この使いやすさはなんと行ったら良いのか。

しかし、まだまだWindows10を使わなければいけないシーンも多いです。私の設定がおかしいのか、エクセルで作ったワークシートの印刷が、Windows10だとぴったりなのに、MacOSではかなりレイアウトが崩れます。デフォルトフォントの違いでしょうかね。原因究明するのも面倒なので、エクセルやワードはWindows10を起動して使っています。BootCampって素晴らしく便利ですね。

画像編集ではipad Proを使いますが、iPadはさらにサクサク動きます。素晴らしいです。編集した画像をAirDropでiPhoneに飛ばしてインスタにアップ、言うことなしです。

まぁ、そんなこんなで環境は色々変わっていますが、今回Wordpressが攻撃でだめにされてしまったので、勉強がてらいろいろなことにチャレンジしています。

今使わせてもらっているBASE、最高です。ほんと有り難みしか感じません。