• facebook
  • instagram
  • twitter
  • youtube
  • mail

THERMOSの水筒FFZ-802F(0.8リットル)を購入しました。

THERMOSの水筒。左から1.5、1.0、0.8

我が家には水筒が8本ほどあります。そのうちの3本は、このTHERMOSのスポーツ用水筒なんですが、子供と共有しています。職場でも同じものを使っている人がいたので、ステッカーを貼ってすぐに分かるようにしています。

なぜこのシリーズが好きかというと、一言で言うなら「保冷力」ですね。昼頃に氷を結構詰めて夜勤に持参しますが、翌朝まで氷が残っているのはこのシリーズだけです。すごい実力の持ち主です。このシリーズはボトルカバーに入って売られていますが、これが結構肉厚でかさばるため、カバンに入れる際は外して使っていますが、それでもそれくらい保冷力があるのです。いつまでも冷たい麦茶が飲めるので、ほんと手放せません。

さて、先日1.0リットルのもの(写真の真ん中)を仕事場に持っていった際、帰り道で手を滑らせて落下させてしまい、傷だらけにしてしまいました。もうだめかと思っていたので、その場で0.8リットルのものを注文しました。注文先は「カメラのキタムラ」ですよ(笑)こういうのも扱っているんですね。ポイントが有ったので1,000円程度で購入しました。

到着後GoProのステッカーを貼りました。0.8と1.0は飲み口というかキャップが共通で、パッキンなどの部品も安く売っています。1.5リットルのものはちょっと大きい。

THERMOSの水筒を入れてみたところ。左0.8、→1.0リットル

先日購入の「HAZARD4 Photo Recon」に入れてみました。底部にギリギリまでカメラを入れている関係で、1.0リットル使用時は上部がギリギリでした。もう少し余裕が欲しかったので、今回購入の0.8リットルはちょうどいいかなという感じですかね。それと、このシリーズはかなり太いので注意が必要です。

それでなんでこのphotosmilejpのブログで取り上げたかというと、撮影中は自販機に行ったりなどあまり移動できないので、水筒持参が必須です。これまでも水筒を持参していましたが、この水筒はワンタッチ開閉なんで便利ですよね。スリングバッグからさっと取り出し飲んだらすぐに蓋をして収納、かなり早いアクションで可能です。

他のメーカーからもワンタッチ開閉機構がついたのが出ていますが、先程書いた保冷力が素晴らしいので、なかなか他メーカーに移る気になりません。これも撮影時の重要なお供としてこれからも活躍してもらうつもりです。まぁホットになる時期にはまた別の水筒が必要になりますね。また記事にします。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です