フィルムスキャン

フィルムスキャンサービス(35mmカラーネガ・ポジ・白黒・スライド)を2400-7200dpiでスキャニング

投稿日:

じゃらん

昔の自分に会いに行こう!

昔の自分に会いに行こう!

フィルムスキャンサービスをご活用下さい。

高画素でのスキャニングを行います。

デジタルカメラやビデオカメラなどの普及により、長く続いていた銀塩フィルム処理は、その姿を消そうとしています。市場が一気に縮小し、写真屋が大幅に減少しています。
このため、昔撮影したフィルムのプリントやデータ化も、気軽に注文できなくなりつつあるのが現状です。フォトスマイルでは、大切なフィルムや写真のため、フィルムスキャナを用いたデジタル化サービスを行っています。 1コマに切られてしまったフィルムにも対応できます。iSRD(傷埃低減)・褪色復元・粒状低減など、スキャン品質を高めるための処理が含まれています。※白黒フィルムの場合には各種補正は効きません。これはどのスキャンサービス店でも同様です。Instagramなどでお使いいただけるように画像を加工修正して納品させていただくオプションもご用意いたしました。※現在最終調整中

スキャンサービスについて

昔のフィルム

昔のフィルム

フィルム専用スキャナーを使用します。使用ソフトは「VueScan」または「Silverfast」で、どちらもこの業界では標準的なソフトです。2400dpi、3600dpi、7200dpiと数字が大きくなるほどサイズは大きくなります。2400dpiで16BASE相当です。7200dpiではさらに大きくなり、実に168BASEに相当し大判プリントにも適しています。一般的なスキャンサービスは4BASE(1200dpi)または16BASE(2400dpi)止まりですので、大きさの違いがよくお分かりいただけるかと思います。スキャンはかなり時間がかかる作業です。少量ならともかく大量ならなおさらです。外注処理で時間の節約をどうぞ。下部にサンプルスキャンを掲載していますので、お手元にダウンロードして、お客様の使用目的に対応するかをご確認下さい。

スキャン解像度と料金について(1コマあたりの単価)
解像度 スキャンサイズ 料金
2400dpi 3300x2200pixel 50円
3600dpi 5000x3300pixel 100円
7200dpi 10000x6600pixel 200円
  1. スキャン料金は、1コマ毎の料金となっております。スキャン時のコマ指定はできません。素抜け(空のカット)があっても除外せず、お預かりしたフィルムの全コマをスキャンします。
  2. スキャンサイズは、手作業のため、フィルムの状態により多少増減します。スキャン順に番号を付けてJPG形式で書き込みます。スキャン順番などの指示はできません。ご了承下さい。
  3. データ量により基本的にCD-RやDVD-Rに書き込んでのお届けとなりますが、ご注文数量が少ないと「データ便」のみの納品とさせていただく場合がございます。ご了承下さい。
  4. お急ぎの場合は「データ便」で先行納品も可能です。※フィルムはきちんとご返送します。スキャンの作業量につきましては、50-200コマ/日程度となります。※受注状況によります。
  5. APS、110ポケットフィルム、ディスクフィルム、未現像のフィルム、カビ、くっついたもの、ひどく汚れたもの、裂けたり曲がっているものはお取り扱いできません。
  6. iSRD(傷埃低減)、退色補正、粒状補正などは、程度により十分な効果が得られない場合があります。フィルムの状態により、スキャン位置が多少ずれたりする場合がありますのでご了承下さい。
  7. 静電気防止用の手袋着用、エアコンプレッサーで傷汚れをつけないよう細心の注意を払っています。良く持ち込んだら指紋だらけにされた!ということは一切ありません。

ご注文後にお送りするメールに沿ってフィルムをお送り下さい。

お客様の好きな方法でお送り下さい。少量なら「レターパック」などがおすすめです。ご注文方法など、詳しい流れにつきましては「ご利用ガイド」をご覧下さい。

スキャンサンプルを用意しました。

約36年前のネガフィルムのスキャニング

約36年前のネガフィルムのスキャニング

カラーネガフィルムの場合、保存状態が良ければかなり良好なスキャン結果を得ることが出来ます。これは36年前のカラーネガフィルム。ベビースターラーメンのパッケージが全く違いますね。スキャンサンプルをクリックしてスキャン結果をご確認下さい。補正無しのスキャン結果と比較していただければ、どのような処理を行っているかお分かりいただけると思います。
無補正のサンプル
2400dpiのサンプル
3600dpiのサンプル
7200dpiのサンプル

約16年前のポジフィルムのスキャンサンプル

約16年前のポジフィルムのスキャンサンプル

カラーポジフィルムの場合、いかに原版に近づけてスキャニングをするかがポイントとなります。ライトボックスで確認しながら1コマずつスキャンする作業となります。これは約16年前のカラーポジフィルム。長男が幼いころのものです。フィルムは褪色し細かい傷や埃が沢山付着しています。スキャンサンプルをクリックしてスキャン結果をご確認下さい。補正無しのスキャン結果と比較していただければ、どのような処理を行っているかお分かりいただけると思います。
無補正のサンプル
2400dpiのサンプル
3600dpiのサンプル
7200dpiのサンプル

50年ほど前の白黒フィルム

50年ほど前の白黒フィルム

白黒写真はフィルムスキャナーの仕様により各種補正が掛けられません。このため、なるべく埃を付着させないようにブロワーを使ってスキャニングを行います。これは50年ほど前の伊豆急行線での1カット。同じ風景でもやはり時代を感じます。スキャンサンプルをクリックしてスキャン結果をご確認下さい。補正が効かないため、無補正のサンプルはありません。
2400dpiのサンプル
3600dpiのサンプル
7200dpiのサンプル

12345 (3 投票, 平均点: 5.00)
Loading...







A8.net

-フィルムスキャン

Copyright© PHOTOSMILEJP , 2018 All Rights Reserved.